貴重な体験満載の海外仕事暮らし!

「現地採用」として働くことに向いている人の傾向とは?

2017年08月10日 13時10分

海外駐在員に向いている人の特徴のつぎは、「現地採用」に向いている人の特徴についてみていきましょう。
現地採用は、その名のとおり現地資本の企業に就職して仕事をすることです。
海外駐在員と同じような手厚い待遇は受けられませんが、割と自由に仕事とプライベートを両立できることに魅力があると現地採用を目指す人が増えています。
 
自分と人とを比べない人
海外で現地採用として働くためには、「自分と人とを比べない人」が向いているのではないでしょうか。
どこの国での就職を希望するかによっても違いますが、東南アジアなどで働くときには
日本でもらっていた給与の3分の1くらいの収入で暮らしていかなければなりません。
もちろん、外国人が暮らしていけるだけの最低賃金は守られています。
しかし、これまでの収入、それに他人の給与や待遇などと比べたことでやる気やモチベーションが半減してしまう人には向いていないかもしれません。
 
仕事以外にも海外での生活に魅力を見いだせる人
現地採用として働くということは、海外資本の企業に就職するということです。
そのため、給料は外国人の最低賃金を下回らないようにもらうことができますが、福利厚生などは現地の規定に従うのが基本です。
また、就業時間も基本的には現地スタッフと同じ時間で働くようになります。
就業時間内はしっかり働いて、あとは残業をせずにプライベートを満喫させたいという人にとって現地採用として働くことはとても魅力的なスタイルです。
 
 

いかがでしたでしょうか。
これまで海外就職なんて考えもしなかったという人でも、海外就職に向いている人の傾向や特徴などをみて、
「私、海外就職に向いているかも!」なんて思った人も多いのでは。
最初は不安でいっぱいだったけど、現地で暮らして仕事をしてみたら日本にいたときも充実していて、自分に合っているという人もいます。
少し興味が湧いてきたというときには、海外就職についていろいろと情報を集めたり、
無料の海外就職セミナーに参加したりして海外就職に挑戦してみるのもおすすめです!